CCJ Journal

錚々たる演奏家の名演を集めた
堂々22枚組CD-BOXの登場。



Warner Classics 9029647715 (CD)22枚組 輸入盤

ディアギレフが成し遂げたバレエ・リュスという奇跡

ディアギレフはバレエ・リュスというカンパニーを創設し、1909年に芸術・文化の中心地パリのシャトレ座で、目の肥えた観客を前にお披露目公演を行いました。ヨーロッパの端からやってきたバレエ・リュスは、以後約20年、パリやロンドンで最先端の芸術を発信する強力な磁場となりました。
ディアギレフは芸術家ではありませんでしたが、音楽サロンを開くような恵まれた家庭環境で育ったおかげで音楽性が養われ、かつ美術雑誌『芸術世界』を刊行したりと抜群の芸術センスを持つ稀有な人でした。彼がバレエ・リュスをプロデュースしていく際、舞台美術、衣装、音楽、ポスター、脚本等、バレエを取り巻く諸芸術にも抜かりなく目を配ったのは当然のことで、それを実現させる一流の芸術家が集まり、どこをとっても最高のパフォーマンスが発揮されたのでした。ディアギレフは人と人とを繋ぐ、そして新たなクリエーションを生み出す、さらにどのアーティストも等しく舞台制作のためにアイディアを出し合える状況をつくったのでした。その結果、短い期間でしたが、バレエが時代の芸術をリードする座に着くことになったのです。史上初のことでした。

バレエ・リュスに関わりたい、ディアギレフと仕事をしたいと願う画家や音楽家が、なんとかディアギレフとコンタクトを取れないものか躍起になっていたというのもわかります。そんなわけで、ドビュッシー、ラヴェル、プーランク、サティ、ミヨー、グラズノフ、R・シュトラウス、ストラヴィンスキー、ラフマニノフ、モントゥー、アンセルメといった作曲家や指揮者、バクスト、マティス、ピカソ、ブラック、シャネル、デ・キリコといった美術家、ホーフマンスタール、コクトーら文人、そしてフォーキン、ニジンスキー、マシーン、バランシンらバレエにとどまらない偉大な芸術家であるダンサー、振付家が集って、数々の名作がつくり出されたのです。

 私設のバレエ・カンパニーが、音楽も振付も舞台美術も台本も、なにもかも新規で作品をつくって絶え間なく上演するなどということは、現在でも奇跡に近いことです。ストラヴィンスキーが作曲した三大バレエ音楽『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』は、バレエ・リュスでの仕事です。ストラヴィンスキーはディアギレフにしごかれ、まずバレエ音楽で作曲家としての名声を手に入れたのでした。またディアギレフは新作の曲だけではなく、たとえばドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』(1894年)を使用し、『牧神の午後』として発表(1912年)、ニジンスキーが踊りセンセーションを巻き起こしました(その後ドビュッシーはバレエ・リュスのために『遊戯』(1912年)を書き下ろし、1913年に初演)。他にもシューマンの『謝肉祭』という19世紀前半の作品にフォーキンが振り付けたり、ショパンの複数のピアノ曲をうまく組み合わせ管弦楽に編曲し『レ・シルフィード(ショピニアーナ)』(フォーキン振付)に、と既存の曲の使い方もとても洒落ています。

耳で楽しむバレエ・リュス

22枚に及ぶCDには、ディアギレフがパリで旗揚げ公演を行った1909年から年代順に上演された作品の音楽が収録されています。バレエ・リュスのレパートリーということでチャイコフスキーの『白鳥の湖』、『眠れる森の美女』、アダンの『ジゼル』も収録されています。
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮、フィルハーモニア管弦楽団による1954年の録音の、交響詩『タマーラ』(バラキレフ作曲)は長い時を経て今回初のCD化となります。
また、1913年の初演時に音楽史に残る大騒動となった『春の祭典』、その時の指揮者はピエール・モントゥーだったのですが、そのモントゥーが1929年に録音した『春の祭典』がボーナスディスクとして22枚目のCDに収録されています。初演指揮者による演奏が楽しめるわけです(『春の祭典』はCD10にマルケヴィチ指揮、フィルハーモニア管による演奏もあります)。
22枚を連続して聴いて、バレエ・リュスの舞台を想像してみたり、彼らが活躍した時代の熱気に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

注目のLP-BOX 『イーゴリ・マルケヴィチ/ディアギレフへのオマージュ』



Warner Classics 9029641943 (LP)3枚組 輸入盤

コレクターアイテム必至
ディアギレフとバレエ・リュスに捧げられた「史上最も美しいアルバム」

22枚組CDと同時にバレエ・リュス関連のLP3枚組のBOXも発売されました。
『イーゴリ・マルケヴィチ/ディアギレフへのオマージュ』というタイトルで、マニアやコレクターの間では「史上最も美しいアルバム」として知られています。BOXの装画は画家のナタリア・ゴンチャロワ(1881-1962)によるもので、彼女はバレエ・リュスでは『金鶏』の衣装を手がけたり舞台美術を担当したりしており、美術の分野でバレエ・リュスに関わった芸術家として重要な人物です。
もともとディアギレフ没後25年にあたる1954年に企画され、発売されたBOXでした。今回は68年ぶりにそれを復刻したのです。

ディアギレフとマルケヴィチ

 フィルハーモニア管弦楽団を指揮するイーゴリ・マルケヴィチ(1912-1983)は作曲家、ピアニスト、指揮者で、指揮者として来日したこともあります。彼は16歳の時にディアギレフと出会います。マルケヴィチの自作演奏を聴き才能を見抜いたディアギレフは、彼の演奏会を1929年7月にロンドンで開きました。その後バカンスで二人は旅行に出かけ、その直後の8月にディアギレフはヴェネツィアで亡くなりました。マルケヴィチは「ディアギレフの息子たち」のひとりであり(他に、ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、デュケルスキーが挙げられる)、当時、若い頃のレオニード・マシーンに似ていた風貌だったそうで、ディアギレフの最後の恋人でもありました。
 贅を尽くしたつくり、ディアギレフの近くにいた人物の指揮、など多くの人のディアギレフへのオマージュが詰まった「特別」なBOXです。